痩せたい人へのオススメ情報。あなたはどうしますか?

痩せたい人へ 難しいけど大切なこと

まずはじめに

あなたは痩せたいですか?スラリとかっこいいプロポーションになりたいからですか?若い人は特にそういう動機が多いかもしれません。必要以上にスリムなプロポーションは逆に病的でありお勧めしませんが、目標を持って努力することはおおいにけっこうだと思います。ただし最も大切にしてほしいことは「健康になるために痩せる」ということです。

肥満は見た目だけの問題だけでなく、さまざまな病気や合併症につながる怖さがあるということを知っておくことが大切です。病気につながる恐れのある肥満、それは脂肪の量に関係しています。肥満とは単に体重だけではなく、体についた脂肪の量で判断します。

その目安になるものとして世界共通の指標になっているのがBMI(ボディ・マス・インデックス)です。これは、体重(キロ)÷[身長(メートル)×身長(メートル)]で現わされます。

日本肥満学会ではBMIが22であることが最も望ましく25を越えると肥満と定義しています。そしてBMIが25を超えると、糖尿病、高血圧、高脂血症などの合併症を発症する可能性はBMIが22の時の二倍以上と言われています。

では脂肪が増えるとなぜ病気を発症しやすくなるのでしょうか。ひとくちに肥満といっても内蔵脂肪型の肥満と皮下脂肪型の肥満があります。現在では、内臓脂肪型肥満のほうが皮下脂肪型肥満に比べて糖尿病や高血圧、高脂血症などの合併症を引き起こしやすいことがわかっています。

近年の研究では脂肪細胞からさまざまなホルモンが分泌され、これらのホルモンこそが合併症の元凶ということもわかってきたのです。脂肪細胞から出るホルモンは内臓脂肪細胞から多く分泌されています。この内蔵脂肪型肥満とは、脂肪が内蔵の周りに大量についた肥満のことです。

一方の皮下脂肪型肥満は、文字通り皮膚のすぐ下に脂肪がつく肥満のことです。判断の目安はウェストサイズが男性では85センチ以上、女性では90センチ以上あると約95%の確率で内蔵脂肪型肥満と判断されます。ここでいうウェストのサイズはくびれた部分ではなく、おへそのところで測った周囲径だということです。

生活習慣病につながる内蔵脂肪の蓄積は、いまや世界的に問題視されています。大事にいたらないうちに早めの予防を促すことを目的に、日本内科学会では内臓脂肪型肥満で高血糖などの動脈硬化危険因子を持つ状態を「メタボリックシンドローム」という一つの病態に位置付けて2005年4月にその診断基準を発表しました。

スポンサードリンク